メイン画像

ビジネスを始める時に踏むべき手続きとは何でしょうか

ビジネスを始める時に踏むべき手続きとは何でしょうか。第一に、ビジネスの主体を個人事業主にするのか、会社設立するかという点で、手続きが異なります。法人立ち上げのにしても様々な会社の形態が存在しますが、最近になって株式会社を作るのがかなりハードルが低くなりましたので、株式会社を選ぶケースが通常です。いずれのビジネスを始める場合も、司法書士や公認会計士に聞いてみるのもひとつの方法ですが、何が必要かとにかく自分自身で調べることが会社を開業する者としてやるべきことと言えるでしょう。

フランチャイズビジネスの開業について整理してみましょう。フランチャイズとはチェーン店の商標・サービス・商品ノウハウ・流通システムなどを使うための権利をもらって開店し、その使用料として企業へロイヤリティを納める形式のビジネスモデルです。フランチャイズといえば飲食業やコンビニが思い浮かびますが、最近になって学習塾、ハウスクリーニング、肩もみ店、住宅建築などあらゆるカテゴリでフランチャイズで経営する会社が増加していますから、自分の経験が役立つ分野で開業することが可能なのです。

ここ最近、開業して自らビジネスを立ち上げる人がよく見受けられます。会社設立が簡単になったことがそのバックグラウンドのひとつです。将来成長性があるカテゴリといえば、まず思い当たるのが高齢者向けのビジネスですよね。介護ホームやデイケアの周辺サービスとして、福祉車両のレンタル、宅食サービス、介助用品レンタル、リフォーム設計など、いろいろな分野で商品の需要が増えています。社会への福祉度も大きい分野ですし、ご自分が既に積み上げてきた経験を活かしたビジネスが可能なのです。